離婚時の不動産・住宅ローン問題にお悩みで、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいの方、ぜひお気軽にお問い合わせください!

/

不動産の売却

離婚に伴い、マイホームを処分したい・現金化したい場合には、売却のご相談も承っております。
みなさまのご意向に沿えるよう、当社買取プランと一般ユーザー向けの売却プランをご用意いたしました。

「当社買取」による売却プラン

当社より買取金額をご提示させていただき、双方の条件が一致すれば当社にて買取を致します。

こんな人におすすめ!


なるべく早く売りたい

わずらわしい手間や手続きを省きたい

近所に知られたくない

財産分与や資金計画を確定させたい

スピーディに現金化

仲介手数料が不要

煩わしい手続きが一切不要


一般ユーザー向けの売却プラン

ある程度の希望額から売却活動を開始することが出来たり、融資の残債額を上回る金額で売却活動を始める事が可能です。
ご自身の希望と購入者の希望額がマッチするには多少お時間が係る傾向にあります。

こんな人におすすめ!


やっぱり高く売りたい

ローン残債が売却価格を上回りそう

流通市場で引き合いの有無を見極めたい

時間に比較的余裕がある

ご希望の金額から売却活動をスタート

買取金額よりも高く売れる

住宅ローンの残債よりも上回る可能性が高い


不動産売却の手順

Step1

残債額の確認

Step2

売却金額の査定

Step3

残債額と
売却金額の比較

Step4

内覧会の開催
※買取では不要

Step5

売却金額に納得
売買契約の締結

Step6

ローン完済
残金決済・引渡


チェックリスト

不動産を売却する際には以下について確認しておきましょう。

CHECK 1 一戸建ての場合

登記簿謄本か登記識別情報、権利証にて土地と建物の大きさ(m2・坪)・築年数を確認します。土地・建物以外に上記の書類があれば併せて用意して下さい。道路部分や未利用地の持ち分があるかもしれません。

CHECK 2 マンションの場合

登記簿謄本か登記識別情報、権利証にて専有面積の大きさ(m2・坪)・築年数を確認します。

CHECK 3 償還表を用意する

住宅ローンの融資を受けた金融機関より、償還表が郵送されているはずです。万一紛失した際は再発行を金融機関に再発行を依頼して下さい。

事例紹介

これまで取引した内容をご紹介いたします。

CASE 1

早期売却希望のため、当社にて買取


城東地域の3階建て・築8年・3LDKの一戸建て。
当初一般の仲介で売却もお考えでしたが、直ぐに関係を清算したいとの事で弊社にて買取させて頂きました。余計な時間と手間を掛けずに済み喜ばれました。


CASE 2

一般売却では時間がかかり、当社にて買取


2階建て・築11年・4LDKの一戸建て。
最初は一般のエンドユーザー向けに販売しておりましたが中々結果が出ず、離婚の時期もそのまま先延ばしにになりつつあったので弊社にて買取させて頂きました。


CASE 3

1ヶ月で一般売却に成功


多摩地域の2階建て・築6年・4LDKの一戸建て。
当初一般の仲介で販売を開始。『残債が消えてくれればいい』とのお考えのもと、価格は欲張らずにスタートした事により無事に1か月ちょっとでご成約となりました。


CASE 4

売却金額が残債を下回り、当社にて調整


築16年・3LDKのマンション。
お買い求め当時諸費用分も融資を受けたために成約価格が残債を下回る結果に。しかし、当社が銀行と掛け合い、自己資金も少し出して頂いたお陰で無事にお取引を完了する事が出来ました。


CASE 5

夫婦間売買


離婚後『住宅ローンと名義を主人から移し、子供と住み続けたい』とお考えのO様。
自分で今借りている銀行や多くの金融機関の窓口にご自身で相談に行ったところ、全てに断られ困り果てたO様からのお問合せ。
当社からは『先ずはご自宅の売買が成立するか』及び『奥様お一人で住宅ローンを借りられるか』を判断しましょうとご提案。
その後、順調に事が進み夫婦間の売買契約を無事に成立させ、お引き渡し後もお子様と共にお住まい頂いております。


離婚 不動産・住宅ローン相談センター : お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル:0120-689-798

受付時間 : 10:00~19:00 ※土日も承っております。
定休日 : 第1・3火曜日 および 毎週水曜日

メールフォームでのお問い合わせ

不動産の買取・売却・住宅ローンの借り換え等、お気軽ご相談ください。

メールフォームでのお問い合わせはこちらから


© 2018 Forward98.

スマートフォン表示で見る