離婚時の不動産・住宅ローン問題にお悩みで、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいの方、ぜひお気軽にお問い合わせください!

/

離婚時の不動産問題

マイホーム購入後に離婚することになった際、不動産関連のトラブルが発生する場合があります。
円満離婚に向け、不動産についてもきちんと確認しておきましょう。

離婚後、マイホームに住み続ける?出ていく?

まず、離婚した後、どちらかがマイホームに住み続けるのか、どちらも出ていくのかを話し合いましょう。

A) 両方とも転居する

夫婦の協力でマイホームを購入しながら、離婚に至るというケースも少なくありません。夫婦とも『今の家には住みたくない』という自宅を手放す前提で考えてみましょう。

B) どちらかが住み続ける

誰が転居し誰が住み続けるのか?また、住宅ローンの借り方、保証人や収入合算等での組み方等の色々なパターンがあります。パターン別に考えてみましょう。


チェックリスト:不動産

マイホームについて、事前に確認しておきましょう。

CHECK 1 住宅ローンについて

住宅ローンの基本原則とは・・・
1)債務者本人が居住していること
2)住宅ローンの残債があるときは他人に賃貸してはいけない
3)売却する際は、残額一括返済する事
現在の住宅ローンの組み方、残債等を調べてみましょう。

CHECK 2 現在の不動産の価格は?

弊社に於いて簡易査定を行います。詳しくはお問い合わせください。この場合、保管している登記簿謄本や登記識別情報があればより詳しくお調べできますので、お問合せ前に一度探してみて下さい。

CHECK 3 完済は可能?

自己資金で完済?親から援助を受けて完済?それとも自宅を売却して完済させる?完済する方法はいくつかありますので、完済方法を考えてみましょう。

CHECK 4 購入時、親からの援助は?

マイホームを購入する際、夫婦どちらかの両親から資金援助を受けて購入するということはよくあります。離婚する時、親から援助してもらった部分は返してもらいたいと考えるのは当然です。援助があった場合は誰に幾らをもらったかを確認しましょう。

CHECK 5 連帯債務者・連帯保証人は?

債務者や保証人になっている側は、離婚と同時に『住宅ローン上の関係もスッキリさせたい』と考える事でしょう。しかし、簡単に連帯債務者や連帯保証人を抜ける事は容易ではありません。どうすればいいか疑問に思われた際、先ずはお問い合わせ下さい。

離婚 不動産・住宅ローン相談センター : お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル:0120-689-798

受付時間 : 10:00~19:00 ※土日も承っております。
定休日 : 第1・3火曜日 および 毎週水曜日

メールフォームでのお問い合わせ

不動産の買取・売却・住宅ローンの借り換え等、お気軽ご相談ください。

メールフォームでのお問い合わせはこちらから


© 2017 Forward98.

スマートフォン表示で見る