離婚時の不動産・住宅ローン問題にお悩みで、東京・神奈川・千葉・埼玉にお住まいの方、ぜひお気軽にお問い合わせください!

/

離婚時の住宅ローン問題

住宅ローンでマイホームを購入した後に離婚することになった際、住宅ローンについてもトラブルになる場合があります。
トラブルなく進めるためにも、きちんと確認しておきましょう。

住宅ローンの基本原則

1)債務者本人が居住していること
2)住宅ローンの残債があるときは他人に賃貸してはいけない
3)売却する際は、残額一括返済する事

つまり、融資を受けている債務者本人が住むことが条件となります。あくまでも、住宅(居住用の)ローンなわけですから。
売るときは全額一括完済しなさい。売る = 出ていく。住宅ではなくなるわけですから、これも当然ですね。
住宅ローンの契約違反を犯していることが金融機関に発覚した場合、団体信用生命保険が適用されない場合もあります。

離婚時に発生する住宅ローン問題

離婚することを話し合い始めると、夫婦で購入したマイホームをどうするか?残った住宅ローンをどうするかという問題に直面します。
住宅ローンは購入当時に金融機関と当事者債務者本人及び配偶者・保証会社等との間で、一定の条件(居住用とすること・所有権を勝手に変更しないこと)のもと、金銭消費貸借契約の後、融資を受けたので、債務者の都合で勝手に名義変更や権利の移動をすることは出来ません。併せて連帯債務者・連帯保証人を勝手に外すことは出来ません。

契約内容の変更には必ず金融機関の同意・承認が必要になります。離婚した・離婚するから勝手に変えたいでは、金融機関は内容変更を拒否し、一括返済を迫られることにもなり兼ねません。その為、いきなり金融機関に相談しに行くのではなく、同意を得られるよう専門家と十分に打ち合わせをしてから行動するようにしましょう。

離婚後も住宅ローンを支払って住み続ける場合

離婚後に、住宅ローンを支払いながら、どちらかが住み続ける場合は注意が必要です。

A)住宅ローンの支払い:離婚前・離婚後ともに主人
  住み続ける人:主人

主人のみの住宅ローンであればこの場合は大きな問題はありません。
しかし、名義は主人単体でも住宅ローンを組む際に『収入合算』や『連帯保証人』になっていないか再度確認してください。

B)住宅ローンの支払い:離婚前・離婚後ともに主人
  住み続ける人:奥様

お住まい後に色々なトラブルが発生する可能性がありますので、詳しくはお問い合わせ下さい。


チェックリスト:住宅ローン

現在の住宅ローンの状況について、事前に確認しておきましょう。

CHECK 1 ローンの借主は?

誰が借りているのか?連帯保証人がいるのか?連帯債務者はいないのか?当初収入合算をしたのか?ローンは借りていなくても名義には入っていないかを確認しましょう。

CHECK 2 連帯債務者・連帯保証人は?

連帯債務者や連帯保証人になっていると、住宅ローンを完済しない限り関係は続いてしまいます。そのままにしていると将来大変な事になりますので、なっているのかどうかを確認しましょう。わからない場合は金融機関へ問い合わせて確認して下さい。

CHECK 3 借入時、親からの援助は?

マイホーム購入時に双方の親から援助を受けていることが多々あります。この場合、ローンは借りていなくても名義だけ入っている可能性がありますので、援助を受けた場合は名義に組み込まれているかどうか確認して下さい。

CHECK 4 残債額は?

幾ら残っているか?を調べるには一般的に金融機関から『償還表』が郵送されてきているはずです。償還表には受けた融資の『何時に・幾らが』が必ず記載されていますので確認しましょう。万一紛失した際は再発行を金融機関に依頼して下さい。

CHECK 5 売却見込額は?

当社にて簡易査定を無料にて行います。お問い合わせの際、土地と建物の登記簿謄本、又は、登記識別情報・権利証をご用意ください。

離婚 不動産・住宅ローン相談センター : お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル:0120-689-798

受付時間 : 10:00~19:00 ※土日も承っております。
定休日 : 第1・3火曜日 および 毎週水曜日

メールフォームでのお問い合わせ

不動産の買取・売却・住宅ローンの借り換え等、お気軽ご相談ください。

メールフォームでのお問い合わせはこちらから


© 2017 Forward98.

スマートフォン表示で見る