■ 各種書類の作成

不動産の売却時や住宅ローンの借り換え等の際には、各種書類が必要となります。
面倒な作業は当センターがお引き受けします。

各種書類の作成はお任せください

夫婦間売買

夫婦間でマイホームを売買する場合は、契約を証明する書類が必要です

売買契約書

重要事項説明書

離婚に伴う書類

離婚に伴い、公的書類や契約書が必要になる場合があります

公正証書

負担付贈与契約書

金融機関向け

住宅ローンの借り換え等、各種金融機関を利用する場合にも各書類が必要となります

各種提出書類

適合証明

ご夫婦どちらからのご相談でもOKです。
上記以外の書類の場合でも、不動産に関するすべての書類作成はお任せください。

チェックリスト

CHECK 1

マイホームご購入時のご契約書や住宅ローンのご契約書等、各種書類をご用意ください。

CHECK 2

公正証書の制作をご希望の場合は、盛り込みたい内容についてご確認ください。不動産・名義のほか、子の親権や養育費等についても必要事項は一緒に記載したほうがベターです。

事例紹介

CASE 1

3年前に夫婦名義・ペアローンでマンションをご購入。
しかし、この度、離婚の話が纏まり『奥様がマンションの名義とローンを一本化』する事を決意されお問合せを頂き、住宅ローンの事前相談を行いましたが、残念ながら必要資金迄あと少し届かず直ぐには買い取る事が出来ない状況でした。

離婚はしたいが買い取る事が出来ない。
この状況を打破するために、離婚前に夫婦間で公正証書を作成し、『将来買取をするまで待ってもらう』『買取るまで他の人には売却しない』旨を記載し、書面を取り交わした後に無事に離婚が成立しました。

『将来買い取る』以外に、当社からのアドバイスとして
1)養育費の金額と期間
2)親権と面会の内容記載
3)今後係る管理費や修繕費、固定資産税の費用分担
4)今後想定される『言った言わない』を文書化
等々を行い、離婚後にトラブルにならぬよう未然に防止する策として、公正証書を作成し、将来買い取る約束を無事に取り交わしました。

メールでのお問い合わせはこちらから

★お電話でのお問い合わせ
フリーダイヤル 0120-689-798
※電話受付時間 10:00~19:00
※定休日:第1・第3火曜日および水曜日

↑ ページトップに戻る

離婚
不動産・住宅ローン相談センター